トルコリラについて

トルコリラもFX市場で人気の高い通貨です。その理由はやはり政策金利が高いことにあり、2008年のリーマンショック後は少し利率を下げましたが、それでも現在も南アフリカランドに次ぐ高い金利を保持しており、世界最高の金利水準となっています。そのため、役43万円で1万トルコリラを購入して保有すれば、1日あたり約69円のスワップ金利が発生し、外貨預金と同じ1倍のレバレッジで運用しても年利約5.85パーセントとなります。そのため、南アフリカランドと同じく、長期にわたっての資産形成を狙ってトルコリラの取引をされる方が多くいらっしゃいます。

取引で注意すべき点

トルコリラの取引で注意すべき点は、短期の売買ではなく、長期的に保有してスワップを得ることを目的とするべきです。金融市場においては為替相場の変動は常に怒り続けています。そのため、長期投資は何かとリスクが起こりやすいのですが、金利の高いトルコリラであれば、リスクを抑えて毎日のスワップ金利だけを得ていくことも可能です。ほとんど売買を行なわず、長期的戦略においてトルコリラを保有し続ける形が望ましいでしょう。

FXでの運用が最適

トルコリラの運用方法として最も効率がいいのはFXです。外国債券や投資信託での取引ではアクティブファンドの扱いになるため、手数料が高くなってしまいます。また自由に売買できず、利率もさほどよいものとはいえません。それらを考えるとトルコリラはFXでの運用が最適であるといえます。手数料が無料であるFX会社を選べば、利率もほぼトルコの政策金利と同じ率でスワップが発生します。

情報が少ないことが難点

トルコは日本において、どちらかといえばどういう国なのかよく知られてはいない国だと思われます。アメリカや中国、韓国等のように身近な国ではありません。そのため国に関しての情報が得にくいかもしれません。トルコは、中東で採掘された原油をヨーロッパ諸国に輸出するためのパイプラインなどがあり、石油産業が発達しており、経済状況は安定しています。現在トルコリラを扱うFX業者は多くはありませんが、それだけに狙い目であるともいえます。