FXはスワップ金利でも儲けを出せる

FXの取引で利益を得る方法のひとつに、スワップ金利で儲ける方法があります。スワップ金利とは、2つの通貨間の金利の差のことです。このスワップ金利の差で利益を得ることをスワップポイントといいます。これは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う取引をすることにより、金利の差分を受け取ることができるものです。たとえば、アメリカドルで1万ドルを買った場合、アメリカの金利が4パーセント、日本の金利が0.5パーセントとした場合、その差となる3.5パーセントがスワップポイントになります。1万ドルであれば年利3.5パーセントで350ドルになります。1ドルが100円のレートであれば日本円換算で35000円になるので、1日あたり96円の利息が得られることになります。このスワップ金利をコンスタントに得るためには、通貨の価格が比較的安定しているアメリカドルやユーロなどを長期間保有して、毎日少額ずつでも金利を受け取っていくことが得策かと思われます。

逆に金利を払わなければならない場合もある

ただ、注意すべき点として、このスワップポイントを払わなければならないこともあるということです。金利の低い通貨を買うとか、金利の高い通貨を売る場合にそうなることがあります。現在、日本の金利は世界的にみて最低の水準にあるといえます。そのため、通貨を売る形からとの引きをする場合、スワップポイントを支払うことがほとんどになるといっていいでしょう。そのため、スワップポイントで利益を出そうとした場合は長期的に保有することが前提になっているのですが、売りから入る売りポジションの取引をする場合は、短期運用を考えたほうがいいかと思われます。

金利の高い通貨を保有する方法もある

また、金利の高い通貨を保有する方法もあります。現在のところ金利が高い通貨として人気があるのが、南アフリカランド、トルコリラ、アイスランドクローナといったところですが、これらの通貨は価格の変動が激しく、リスクが高いので、初心者には不向きであるともいえます。

レアジョブの口コミも参照のこと